木更津市新火葬場整備運営事業 

 
TOP 事業
コンセプト
事業概要 工事概要 工事進捗 お知らせ 関連リンク
     

 新火葬場整備の背景
 現在の木更津市火葬場は、昭和42年12月の供用開始から既に50年以上が経過し、施設及び設備の老朽化が進んでいることに加え、近年は、死亡件数等の増加により、施設の能力そのものも限界に近づいてきている。
 火葬場は人生の終焉において厳粛に最後のお別れをする場所として、誰もが利用する必要不可欠な施設である。将来にわたって、市民の利用に支障をきたすことなく、安定的な火葬業務を提供していくため、新たな火葬場の整備が必要となっている。
 このような状況のもと、効率的な行政運営を確保しつつ、今後の公共施設を整備していくためには、広域行政の推進が有効な手段であることから、君津市、富津市及び袖ケ浦市の近隣3市と共に、事業を推進することとした。
  
 
 

 事業コンセプト
 方針1 周辺環境や立地特性に配慮し、環境性能に優れた施設づくり
 方針2 将来の火葬需要や葬儀形態に対応できる施設づくり
 方針3 遺族や会葬者へ配慮した、故人の旅立ちに相応しい施設づくり
 方針4 安心して利用できる、人にやさしい施設づくり
 方針5 災害に強い施設づくり
 方針6 君津4市に密着した事業実施
 方針7 安定した事業経営・要求水準以上のサービス提供
    
 
 
 
    かずさまごころサービス株式会社